GetResponseのメール検証

当社の優れた統合機能を利用して、GetResponseのアウトリーチとエンゲージメント率を確保しましょう!  バウンサーは購読者の中の未達メールを識別し、結果をお気に入りのメールマーケティングプラットフォームに簡単にエクスポートできるので、受信箱の配置がトップスコアになります!

ここでは、GetResponseアカウントとバウンサーを接続する方法や、リストをインポートして検証済みのアドレスをGetResponseにエクスポートする方法について説明します。 追加の支援が必要な場合は、[email protected] までメールでお問い合わせください。

GetResponseとバウンサーを接続する

GetResponseアカウントとBouncerアカウントをログインで連携させることができます。バウンサーアカウントにログインするだけです。 に行く ベリファイリスト タブをクリックして、統合アイコンのあるタブをクリックして GetRespone インポート ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウで ログインに接続する.次に、GetResponse認証ページにリダイレクトされますので、GetResponse認証情報を入力してアクセスを許可する必要があります。これで完了です。これで、購読者リストの検証を開始することができます。 

加入者の確認

ステップ1: Verify Listタブを開き、GetResponseのインポートを選択します。検証したいリストを選択し、処理を開始します。リストの最大サイズは10kメールまでと覚えておいてください。 

ステップ2. 検証が完了したら、検証結果をGetResponseにエクスポートしたり、検証結果をドライブにダウンロードしたりすることができます。 

加入者の確認

ステップ1: Verify Listタブを開き、GetResponseのインポートを選択します。検証したいリストを選択し、処理を開始します。リストの最大サイズは10kメールまでと覚えておいてください。 

ステップ2. 検証が完了したら、検証結果をGetResponseにエクスポートしたり、検証結果をドライブにダウンロードしたりすることができます。 

ステップ3:結果をエクスポートする のように、検証が完了した行のGetResponseロゴを叩くことでこれにより自動的にポップアップウィンドウが開き、抑制リストを作成することができます。 次のキャンペーンから除外したいメールを選択し、以下のボタンを押してください。 抑圧リストの作成 ボタンを押してください。 

 

ステップ4:抑圧リストを作成したら、GetResponseプラットフォームにログインし、ニュースレターの作成を開始します。受信者を選択する段階になったら、希望のリストを選択し、バウンサーが作成したサプレッションリストを除外して、次のステップに進みます。 

 

ステップ4:抑圧リストを作成したら、GetResponseプラットフォームにログインし、ニュースレターの作成を開始します。受信者を選択する段階になったら、希望のリストを選択し、バウンサーが作成したサプレッションリストを除外して、次のステップに進みます。 

今すぐ始めて、メールマーケティングオートメーションを楽しみましょう

サインアップ