Sendinblueのメール検証

当社の優れた統合機能を利用して、Sendinblueのメールキャンペーンの配信率とエンゲージメント率を向上させましょう!  バウンサーはあなたのリストの中で配信不能でリスクの高いメールを識別し、それらを簡単に削除することができ、クリーンなリストをお気に入りのメーリングリストにエクスポートすることができます。

ここでは、Sendinblueアカウントとバウンサーを接続する方法、リストをインポートして検証済みのアドレスをSendinblueにエクスポートする方法について説明します。 追加の支援が必要な場合は、[email protected] までメールでお問い合わせください。

センディンブルーとバウンサーをつなぐ

APIキーでアカウントとバウンサーを接続することができます。Sendinblueアカウントにログインして、右側のアカウント名をクリックするだけです。 を選択してください。 SMTP & API タブをクリックして、新しいページがリロードされると、APIキー(バージョン3)をコピーするだけです。 次に、バウンサーのアカウントにログインして、次のページに移動します。 ベリファイリスト タブをクリックして、統合アイコンのあるタブをクリックして センディンブルー 輸入 ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウでAPIキーを貼り付けて保存します。  

バウンサーでリストを確認する

ステップ1: バウンサーのアカウントにアクセスして ベリファイリストで、ヒット センディンブルーの輸入 ボタンをクリックします。リストを選択して処理を開始します。リストの最大サイズは10kメールまでと覚えておいてください。

検証が完了したら、検証が完了した行のロゴをクリックして、クレンジングしたデータをSendinblueにエクスポートすることができます。 

 

バウンサーでリストを確認する

ステップ1: バウンサーのアカウントにアクセスして ベリファイリストで、ヒット センディンブルーの輸入 ボタンをクリックします。リストを選択して処理を開始します。リストの最大サイズは10kメールまでと覚えておいてください。

検証が完了したら、検証が完了した行のロゴをクリックして、クレンジングしたデータをSendinblueにエクスポートすることができます。 

 

ステップ2:検証結果のエクスポート」ウィンドウがポップアップ表示されたら、エクスポートしたい結果をフィルタリングしてリストに戻すことができます。選択したメールはリストから削除されますが、連絡先には表示されます。プロセスが終了すると、確認画面がポップアップします。必要に応じて、CSVファイルで結果をダウンロードすることもできます。

ステップ3:今すぐSendinblueアカウントに戻ってキャンペーンを終了することができます。 ただただ見ているだけで、オープン率が上がるのを楽しみにしています 🙂

今すぐ始めて、メールキャンペーンの自動化を楽しみましょう

サインアップ