ウッドペッカーのメール検証

Woodpeckerとの優れた連携により、本物の見込み客だけに焦点を当て、配信不能なメールに二度と時間とエネルギーを浪費しないようにしましょう。同時に、コールドキャンペーンの配信率とエンゲージメント率を向上させることができます。 バウンサーはあなたの見込み客の中で未達のメールを識別し、クリーンリストをWoodpeckerにエクスポートして、受信箱の配置がトップスコアになるようにします!

ここでは、Woodpeckerのアカウントとバウンサーを接続する方法や、Woodpeckerへのインポート方法、検証済みのアドレスのエクスポート方法について説明しています。 追加の支援が必要な場合は、[email protected] までメールでお問い合わせください。

キツツキとバウンサーをつなぐ

APIキーでWoodpeckerアカウントとバウンサーを連携させることができます。ウッドペッカーのアカウントにログインして、右側のアカウント名をクリックするだけです。 を選択してください。 設定 タブをクリックして API KEYSをクリックしてください。 キーを作成する (お好きなラベルを入力してください。バウンサーの統合など)コピーしてください。  次に、バウンサーのアカウントにログインして、次のページに移動します。 ベリファイリスト タブをクリックして、統合アイコンのあるタブをクリックして キツツキ 輸入 ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウでAPIキーを貼り付けて保存します。 

リストを確認してキャンペーンを送る

ステップ1: Woodpeckerアカウントでキャンペーンを作成します。メーリングリストをCSVでインポートしたり、手動で入力したり、Woodpeckerのデータベースから見込み客を追加したりして、キャンペーンを下書きとして保存します。

ステップ2. バウンサーのアカウントにアクセスして、以下の項目を選択します。 ベリファイリストで、ヒット ウッドペッカー輸入 ボタンをクリックします。キャンペーンを選択し、バウンサーにロードします。リストが消費するクレジット数が表示されますので、「今すぐ開始」ボタンをクリックしてください。リストの最大サイズは10kのメールであることを覚えておいてください。

 

リストを確認してキャンペーンを送る

ステップ1: Woodpeckerアカウントでキャンペーンを作成します。メーリングリストをCSVでインポートしたり、手動で入力したり、Woodpeckerのデータベースから見込み客を追加したりして、キャンペーンを下書きとして保存します。

ステップ2. バウンサーのアカウントにアクセスして、以下の項目を選択します。 ベリファイリストで、ヒット ウッドペッカー輸入 ボタンをクリックします。キャンペーンを選択し、バウンサーにロードします。リストが消費するクレジット数が表示されますので、「今すぐ開始」ボタンをクリックしてください。リストの最大サイズは10kのメールであることを覚えておいてください。

 

ステップ3: 検証が完了すると、配信不能、使い捨て、すべて受け入れる、または不明として返されたすべてのメールを無効としてマークする可能性があります。キャンペーンでスキップしたいメールを選択したら、「INVALID」ボタンを押してください。 

ステップ4:プロセスが終了すると、確認画面が表示されます。必要に応じて、結果の全文をCSVファイルでダウンロードすることもできます。

ステップ5:今ならウッドペッカーのアカウントに戻ってキャンペーンを終わらせることができます。

すべて完了しました!あとは見ているだけで、返信率が上がっていくのを楽しむことができますね 🙂 

今すぐ始めて、コールドキャンペーンの自動化を楽しみましょう

サインアップ