メールアドレスが存在するかどうかを判断するのが検証サービスの考え方です。のようなメールサービスプロバイダは バウンサー スパムブロックの原因となる、配信不能なメッセージ(構文的に正しくないか、存在しないかのいずれか)から身を守るために、積極的にメールを検証するようにしましょう。あまりにも多くのメールが返信されると、配信可能性が損なわれる可能性があります。つまり、有効なアドレスであっても、あなたからの連絡が届かない可能性があるということです。

送信前にすべてのメールリストをチェックすることで、キャンペーンのコストを削減し、実際にコンバージョンしてくれる人にのみメールを送ることができます。より正確で検証されたリストを使用することで、キャンペーン統計がバウンスバックのために予想よりも低くなることがなくなり、投資収益率が高くなる可能性が高くなります。また、あなたのROIの数字(746,536,974,379 >.<)は、はるかによく見えるでしょう、あなたのクライアントは、より多くの可能性が高いあなたの助けを借りて次のキャンペーンを送信します。 メール認証 can have a role in a healthy email system, furthermore, real-time point-of-sale verification is another example which helps sending transactional emails. It’s really important to remember email verification isn’t a cure-all or one time fix. Regular list hygiene is imperative to avoid damage to your reputation, which means all marketers should stick to organic acquisition methods, regularly clean out their lists and continue to use email verification as a safeguard. 🙂

そうか 今なら メール認証のポジティブな側面と最近の仕組みを見てみましょう。 メール確認サービス は1900年代には汚い回避策として使われていました。多くの検証会社は、ブランドがメールアドレスを推測するのを助けることからスタートした。購入したリストやスクレイプされたリストのクリーニングを促進することは本当に頻繁に行われていましたが、これらの会社がメールリストからスパムトラップを除去する能力があるかどうかについては疑わしい主張がなされていました。

間違いありません 業界はあれからかなりの成長を遂げてきました。間違いなく、その発展のための メール検証サービス は市場のニーズに応えたものです。メールマーケティング担当者が検証サービスに熱心なのには、多くの理由があります。適切なリスト管理の重要性を認識していたことと メール配信性例:リアルタイム APIまた、一括メール検証機能(不正なメールがリストに入ってくるのを防ぐ)、バッチメール検証機能(不正なメールを検出し、リストからすべてのタイプのメールを削除する)、メール配信キャンペーンの改善などがあります。また、ウェブマスターは、良いメールアドレスを取得することの価値を理解しています。

それは本当です、誰も完璧ではないし、何もない、メール認証も、このツールが間違った手に入ると、破壊的な影響を与える可能性がありますが、あなたが有名な会社を信頼する場合は、あなたが思っているよりもはるかに多くの利益を達成することができます。もちろん、悪意を持ってメール検証ツールを利用する悪者はたくさんいますので、私たちはできる限りお客様のお世話をして、私たちのツールの賢明な利用が有益であることを確認するようにしています。クライアントとの継続的なコミュニケーションのおかげで、我々は協力の最初にニーズを評価し、我々はインターネットのダークサイドからの誰かをサポートしたくないので、彼らの使用を制御下に持っていることができます不必要で邪魔な行動を検証することができます。

Further, email verification services must operate with a strong policy which prohibits list washing, trap washing, and related spam support services, and which avoids clients who seek those services. Information is always shared with customers’ consent, to comply with laws, to protect customers’ rights, or to fulfill business obligations. Here, at Bouncer, we process your information for purposes based on legitimate business interests, the fulfillment of our contract with you, compliance with our legal obligations, and/or your consent. So there isn’t any opportunity to share your data. You may review, change or terminate your account at any time. Moreover, If you are resident in the European Economic Area and you believe we are unlawfully processing your personal information, you also have the right to complain to your local data protection supervisory authority. Honestly, the cake’s not worth the candle 😉 and above all, we take care of you and your data too.

There are also a lot of discussions about web traffic because of sending requests to the server. So you can come to the conclusion this kind of behavior generate footprint. Of course, it does! But it is definitely much better than those emails which are undeliverable because nevertheless, it generates traffic, even bigger than a request to the server. At Bouncer our intention is to minimize the footprint and contribute to better deliverability. Our continued focus is to educate and encourage customers towards best practices. I realize it might sound very pompous, but it’s true. Maintaining a healthy relationship with Internet Service Providers and Email Service Providers is challenging. Its aim is to secure sender’s reputation by sanitizing your email addresses’ database, ensure continuity of the communication with your customers and partners by catching not-existing email addresses in the moment of their entry. And also to maximize reach to your customers and partners by segregating low-quality email addresses from those of high value. There are lots of pros and cons of the email verification but is worth keeping in mind that it is on the bright side of the market ( try to be at least ) 🙂 So now… start with us and make sure that email verification with 用心棒は より良いコミュニケーションをとるための方法

READ MORE
毎月のメルマガだけではないメルマガリストの使い方とは?