キャンペーンの成功を追跡するための8つの最適なメール指標

6月 24, 2024
13

キャンペーンを成功に導くための最適なメール指標は何だろうと考えたことはありませんか?Eメールマーケティングにおいて、どのような指標をモニタリングすべきかを理解することは、キャンペーンの可能性を最大限に引き出す鍵となります。

トラッキングするメール指標 - カバー写真

適切な指標を追跡することで、収益を計算し、戦略を最適化し、全体的なパフォーマンスを向上させることができます。購読者の受信トレイが満杯で、注目を集めようと競争している中、これらの重要な指標に焦点を当てることで、他と差をつけることができます。本当に重要なパーセンテージを知ることで、メールマーケティングの成功が大きく変わる理由をいくつかご紹介します。

メールマーケティングキャンペーンのメール指標

メール・メトリクス

#1 開封率

開封率とは、メールを開封した受信者の割合を示す、メールマーケティングにおいて重要な指標です。件名の効果や、読者との関連性を示します。

なぜそれが重要なのか: 開封率が高いということは、メールの内容が魅力的で、件名が受信者の興味を引くのに十分な説得力があることを意味します。開封率は、メールマーケティング戦略全体の健全性を示す主要な指標であり、購読者の最初の関心を反映します。

計算方法

開封率=(開封数/配信数)×100

いつ使うか: 開封率は、メールキャンペーンのパフォーマンスを評価するための主要な指標として、特に受信者のエンゲージメントの初期段階で使用するのが最適です。特に、異なる件名行をテストしている時や、受信者の好みを理解しようとしている時に有効です。

良い価値観/悪い価値観 良い開封率は業界によって異なりますが、一般的に15~25%の間です。15%を下回る場合は、メールの配信性、件名の効果、リストの質に問題がある可能性があります。逆に25%を超える場合は、エンゲージメントが高いことを意味します。

どうすれば改善できるか 開封率を向上させるには、以下の戦略を検討してください:

  • 説得力のある簡潔な件名を作成する。
  • メールをパーソナライズして、受信者にとってより適切なものにしましょう。
  • Eメールリストをセグメント化し、特定のグループをターゲットにカスタマイズされたコンテンツを提供しましょう。
  • 多くの受信者がモバイル端末でメールを開いているため、メールがモバイルフレンドリーであることを確認してください。

#2クリックスルー率(CTR)

クリックスルー率(CTR)は、メール内の1つ以上のリンクをクリックした受信者の割合を測定する、メールマーケティングの重要な指標です。CTRは、あなたのメールコンテンツがどれだけ魅力的で、CTA(コールトゥアクション)がどれだけ効果的であるかをより深く知ることができます。

なぜそれが重要なのか: CTRは、メールキャンペーンのコンテンツと受信者の直接的なエンゲージメントを評価する上で非常に重要です。CTRは、受信者があなたのメールに魅力を感じ、さらに行動を起こすかどうかを判断するのに役立ちます。

計算方法

クリックスルー率=(クリック数/配信メール数)×100

いつ使うか: CTRは、メールのコンテンツ、レイアウト、CTAの効果を評価する際に特に役立ちます。特にウェブサイトやランディングページへのトラフィックを目的とする場合は、すべてのメールマーケティングキャンペーンで監視すべき重要な指標です。

良い価値観/悪い価値観 良いCTRは業界によって異なりますが、一般的に2~5%の間です。この範囲を下回る場合は、コンテンツやCTAがオーディエンスの共感を得られていない可能性があります。

どうすれば改善できるか CTRを向上させるには、次のことに集中する:

  • クリックを促す、明確で説得力のあるCTAを作成する。
  • Eメールのコンテンツが、読者にとって適切で価値のあるものであることを確認する。
  • 視覚的に魅力的でモバイルフレンドリーなデザインを使用。
  • 受信者のニーズや興味によりよく応えるために、メールをパーソナライズする。
  • CTAボタン、画像、コピーなど、さまざまなEメール要素をA/Bテストします。

これらの戦略を実施することで、Eメールキャンペーンの効果を高め、より多くのトラフィックを目的地に誘導することができます。

#3 配信停止率

配信停止率とは、メール受信後にメールリストから離脱した受信者の割合を測定する、メールマーケティングの重要な指標です。購読者の満足度やメールマーケティングプログラム全体の健全性を示す重要な指標となります。

なぜそれが重要なのか: 配信停止率が高いということは、購読者の期待や興味に応えられていないということです。この指標をモニタリングすることで、メールコンテンツと購読者の嗜好がどの程度一致しているかを把握することができます。

計算方法

配信停止率=(配信停止数/配信数)×100

いつ使うか: 配信停止率を利用して、メールコンテンツの継続的な関連性と品質を評価しましょう。この指標は、突然配信停止が急増した場合に特に重要です。これは、最近のメールキャンペーンに問題があるか、購読者の期待値が変化したことを示している可能性があります。

良い価値観/悪い価値観 良い購読解除率は通常0.5%以下です。これより高い場合は、購読者に不満があるか、メールのターゲティングに問題がある可能性があります。この率を低く保つことは、健全なメールリストと強力な送信者の評判を維持するために非常に重要です。

どうすれば改善できるか 配信停止率を下げるには、以下の戦略を検討してください:

  • メールリストをセグメント化し、特定の購読者グループに関連性の高いコンテンツを確実に送信しましょう。
  • 受信者の好みに合わせてメールをパーソナライズしましょう。
  • メールの頻度が購読者の期待に合っていることを確認しましょう。
  • 定期的にメールリストを更新し、アクティブでない購読者を削除しましょう。
  • 信頼とコンプライアンスを維持するために、明確で見つけやすい配信停止リンクを提供する。

これらの分野に注力することで、購読者の維持率を向上させ、顧客ロイヤルティを高め、メールマーケティングキャンペーンのパフォーマンスを最適化することができます。

#4 変換率

コンバージョン率とは、メールマーケティングにおいて最も重要な指標のひとつで、メールをクリックした後、希望するアクションを起こしたメール受信者の割合を測定するものです。このアクションとは、購入、フォームへの入力、サービスへの登録などです。

なぜそれが重要なのか: コンバージョン率は収益に直接影響し、メールマーケティング戦略の目標達成効果を反映します。コンバージョン率が高いということは、メールコンテンツ、オファー、CTAに説得力があり、ターゲットが絞られているということです。

計算方法

コンバージョン率=(コンバージョン数-クリック数)×100

いつ使うか: コンバージョンレートは、特定の行動を促すことを目的としたメールキャンペーンの成功を評価するために使用します。この指標は、Eコマースビジネスや、リードやセールスを生み出すことに重点を置いたマーケティング活動にとって非常に重要です。

良い価値観/悪い価値観 良いコンバージョン率は業界によって大きく異なりますが、一般的に2~5%の間です。この範囲を下回る率は、ランディングページ、オファー、またはオーディエンスのニーズとの全体的な整合性に問題があることを示している可能性があります。5%を超える率は優れており、高い効果を示唆しています。

どうすれば改善できるか コンバージョン率を高めるには、次のことを考慮しよう:

  • EメールのコンテンツがオファーやCTAと密接に連携していることを確認する。
  • 目立つ、明確で説得力のあるCTAを作成する。
  • メールやランディングページのさまざまな要素をA/Bテストする。
  • 割引や無料体験などのインセンティブを提供する。
  • 受信者のニーズに合わせてメールをパーソナライズする。

これらの戦略に注力することで、メールキャンペーンの効果を高め、コンバージョンを増加させ、ROIの向上に貢献することができます。

#5直帰率

バウンス率とは、メールマーケティングにおいて重要な指標のひとつで、受信者の受信箱にうまく届かなかったメールの割合を示すものです。バウンスには、ハードバウンス(永久的な配信失敗)とソフトバウンス(一時的な問題)の2種類があります。

なぜそれが重要なのか: バウンス率が高いと、送信者のレピュテーションが低下し、メールの到達率にも影響します。バウンス率を監視することで、メールリストを清潔に保ち、意図した相手に確実にメールを届けることができます。

計算方法

直帰率=(バウンスメール数-送信メール数)×100

いつ使うか: バウンス率を利用して、メールリストの品質とメールキャンペーンの配信可能性を評価しましょう。健全なEメールリストを維持し、Eメールサービスプロバイダとの問題を回避するためには、定期的なモニタリングが不可欠です。

良い価値観/悪い価値観 良い直帰率は通常2%以下です。これより高い場合は、メールアドレスが古い、存在しないなど、メールリストに問題があることを示しています。低いバウンス率を維持することは、送信者の評判を維持するために非常に重要です。

どうすれば改善できるか 直帰率を下げるには

  • Eメールリストを定期的にクリーニングし、無効なアドレスや非アクティブなアドレスを削除する。
  • ダブルオプトイン方式で購読者のメールアドレスを確認する。
  • メールの内容や件名がスパムフィルターに引っかからないようにする。
  • メールサービスプロバイダから報告された配信可能性の問題を監視し、対処する。

これらの方法を実践することで、メール配信の質を向上させ、キャンペーンが意図した読者に確実に届くようにすることができます。

#6スパム苦情率

スパム苦情率は、あなたのメールをスパムとしてマークした受信者の割合を測定します。この指標は、お客様のメールがどのように受け止められているかを理解し、メールマーケティングのベストプラクティスを遵守するために非常に重要です。

なぜそれが重要なのか: スパムの苦情率が高いと、送信者のレピュテーションが著しく低下し、インターネットサービスプロバイダ(ISP)によってメールがブロックされる可能性があります。この割合を監視することで、受信者があなたのメールをスパムとしてマークする原因となっている可能性のある問題を特定し、対処することができます。

計算方法

スパム苦情率=(スパム苦情件数-メール配信数)×100

いつ使うか: 迷惑メール苦情率は、メールキャンペーンの受容度を測定し、メールコンテンツ、頻度、ターゲティングの潜在的な問題を特定するために使用します。この指標は、ISPとの良好な関係を維持し、高い配信率を確保するために特に重要です。

良い価値観/悪い価値観 一般的にスパムメールの苦情率は0.1%以下が良いとされています。これより高い場合は、貴社のメール業務に深刻な問題があり、配信上の問題やブラックリスト入りの可能性を避けるために早急な対応が必要であることを示しています。

どうすれば改善できるか スパムの苦情率を下げるには、次のことを検討してください:

  • Eメールが受信者にとって適切で価値のあるものであることを確認する。
  • 送信者であることを明示し、見つけやすい配信停止リンクを含める。
  • 欺瞞的な件名や内容を避ける。
  • Eメールリストを定期的にクリーニングし、興味のない購読者や非アクティブな購読者を削除する。
  • スパムの苦情を監視・管理している信頼できるメールサービスプロバイダーを利用する。

これらの戦略に集中することで、スパム苦情率を低く維持し、送信者の評判を守り、メールマーケティングキャンペーンを長期的に成功させることができます。

#7 クリック・ツー・オープン率(CTOR)

クリック率(CTOR)は、メール開封後にリンクをクリックした受信者の割合を測定する、メールマーケティングの重要な指標です。この指標は、あなたのメールコンテンツや行動喚起(CTA)が、実際にメールを読んだ受信者にとってどれだけ魅力的なものであるかをより深く知ることができます。

なぜそれが重要なのか: CTORは、受信者を惹きつけるメールコンテンツやデザインの効果を評価するのに役立ちます。CTORが高いということは、あなたのメールコンテンツが受信者の心に響き、受信者に行動を起こさせることに成功していることを示しています。

計算方法 クリック率(CTOR)=(ユニーククリック数/ユニーク開封数)×100

いつ使うか: CTORは、すでにメールを開封して興味を示しているユーザーのメールコンテンツのエンゲージメントレベルを把握したい場合に特に有効です。この指標は、メールキャンペーンのコンテンツやCTAを最適化するために不可欠です。

良い価値観/悪い価値観 業界にもよりますが、一般的に良いCTORは10~20%の間です。この範囲を下回る場合は、コンテンツやCTAが十分に魅力的でない可能性があり、20%を上回る場合は、非常に効果的なメールコンテンツであることを示します。

どうすれば改善できるか CTORを向上させるために、以下の戦略を検討してください:

  • Eメールの内容が適切で、読者にとって価値のあるものであることを確認しましょう。
  • 目立たせ、行動を促す、明確で説得力のあるCTAをデザインする。
  • 魅力的なビジュアルとすっきりとしたレイアウトで読みやすさを高める。
  • 受信者の好みに合わせてメールをパーソナライズできます。
  • メールの様々な要素をA/Bテストして、何が最も効果的かを特定しましょう。

このような点に注目することで、メールキャンペーンのエンゲージメントを高め、クリック率や開封率を向上させることができます。

#8 Eメール1通あたりの収益(RPE)

Revenue per Email (RPE)は、キャンペーンで送信された各メールから生み出された平均収益を測定する重要なメールマーケティング指標です。この指標は、メールマーケティング活動の直接的な経済効果を把握するのに役立ちます。

なぜそれが重要なのか: RPEは、メールマーケティングキャンペーンの投資収益率(ROI)を評価するために不可欠です。RPEは、Eメールが売上や収益にどの程度効果的であるかを明確に把握し、Eメールマーケティング戦略の意思決定に役立ちます。

計算方法 Eメール1通あたりの収益(RPE)=発生した総収益/送信したEメール数

いつ使うか: RPEは、メールキャンペーンの財務パフォーマンスを評価するために使用します。この指標は、Eコマースビジネスや収益創出に焦点を当てたマーケティング活動には欠かせません。

良い価値観/悪い価値観 優れたRPEは、業界や製品・サービスの性質によって大きく異なります。しかし、RPEが長期的に一貫して上昇している場合は、メールマーケティング戦略が成功していることを示しています。RPEが低下している場合は、メールコンテンツ、ターゲティング、オファーを見直す必要があることを示しています。

どうすれば改善できるか RPEを高めるには、次のような戦術を考えてみよう:

  • 関連性を高めるために、適切な視聴者セグメントにEメールのターゲットを絞りましょう。
  • セールスを促進する魅力的なEメールの件名とコンテンツを作成する。
  • 購入意欲を高めるために、限定商品や割引を提供する。
  • 過去の購買行動に基づいてパーソナライズされたレコメンデーションを使用する。
  • 継続的にテストを行い、Eメールを最適化してパフォーマンスを向上させます。

これらの戦略に注力することで、メールキャンペーンから得られる収益を最大化し、メールマーケティング活動全体の収益性を向上させることができます。

神話の破壊メールマーケティング指標におけるよくある誤解

もちろん、戦略を誤らせたり、キャンペーンのパフォーマンスに影響したりする誤解もいくつかある。
 

成功メール

 
メールマーケティングの主要な指標とベストプラクティスをより明確に理解するために、3つの俗説を否定しましょう。

神話1:高い購読解除率は常に悪い兆候である

明確になった: 配信停止率が高いということは、メールキャンペーンに問題があることを示している場合もありますが、必ずしもマイナスとは限りません。配信停止によって購読者リストが整理され、本当に興味のある受信者にメールが届くようになることもあります。リストがきれいになることで、配信率やメール全体のパフォーマンスが向上します。受信者が配信を停止する理由(無関係なコンテンツ、メールの頻度など)を分析し、今後のメール改善に役立てることが重要です。また、明確な配信停止リンクを記載することで、信頼性を高め、メールマーケティング規制を遵守することができます。

迷信2: バウンスメールはメールマーケティングサービスが不十分であることを示す

明確になった: バウンスメールは様々な理由で発生しますが、必ずしも貴社のメールマーケティングサービスの質を反映しているとは限りません。メールアドレスが存在しない、受信トレイがいっぱい、サーバーの一時的な問題などがバウンスの原因となります。メールマーケティング担当者は、ハードバウンス(永久的な問題)とソフトバウンス(一時的な問題)を区別し、適切な対応を取ることが重要です。メールリストを定期的に更新し、メール解析を利用してバウンス率を監視することで、健全な配信率を維持し、メールパフォーマンスを向上させることができます。

神話3: より良い件名はより高いクリック率を保証する

明確になった: メールの件名を改善することで開封率は向上しますが、クリック率(CTR)の向上を直接保証するものではありません。件名の主な役割は、受信者にメールを開いてもらうことです。しかし、クリック率を上げるには、行動喚起、関連性、デザインなど、メール内のコンテンツがより重要な役割を果たします。CTRを向上させるには、価値あるコンテンツの配信、魅力的なCTAの使用、メールからランディングページへのシームレスなユーザーエクスペリエンスの確保に注力しましょう。メール解析を活用することで、メールキャンペーンの成功度を測定し、改善点を特定することができます。
 

Eメール封筒

迷信4:メール配信数=キャンペーンの成功

明確になった: メールの配信数は重要な指標ですが、メールキャンペーンの成功を保証するものではありません。配信数は単に受信者の受信箱に届いたことを意味しますが、メールが開封されたかどうか、読まれたかどうか、行動したかどうかについては考慮されていません。真に成功を測るには、クリック率やコンバージョン率など、どれだけの購読者がコンテンツに興味を持ってくれたかに注目しましょう。また、配信率が高くても、そのメールの大部分が迷惑メールフォルダに入ってしまえば、誤解を招く可能性があります。開封率、クリック率、コンバージョン率などのメールマーケティングKPIを活用することで、キャンペーンのパフォーマンスをより包括的に把握することができます。

神話5:メールリストの成長率が最も重要な指標である

明確になった: 健全なリスト増加率(新規購読者をどれだけ獲得できたか)は重要ですが、それだけに重点を置くべきではありません。アクティブでない購読者や興味のない購読者を大量に抱えるリストは、メールキャンペーンの効果や送信者の評判に悪影響を及ぼしかねません。エンゲージメント率、コンバージョン率、配信停止率などの重要な指標も同様に重要です。エンゲージメント率の低い大規模なリストよりも、小規模でエンゲージメントの高いリストの方が良いでしょう。定期的にリストの増加率を計算し、購読者を惹きつける戦略とバランスをとり、マーケティングメールが購読者の心に響くようにしましょう。

迷信6:どのメールクライアントも同じようにメールキャンペーンに影響する

明確になった: どのメールクライアントも同じようにメールキャンペーンのパフォーマンスに影響を与えるというのは、よくある誤解です。しかし実際には、Apple Mail、Gmail、Outlookなど、メールクライアントの違いによってキャンペーンのパフォーマンスに大きな影響を与えることがあります。例えば、Apple Mailのユーザーは、メールのレンダリングが優れているため、エンゲージメント率を高めることができます。逆に、メールクライアントによっては、メールのフィルタリングが厳しく、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうこともあります。

キャンペーンを最適化するためには、様々なメールクライアントの行動を理解することが重要です。例えば、購読者はモバイルデバイスでメールを開封する傾向があるため、モバイルフレンドリーなメールを設計することでエンゲージメントを高めることができます。また、メールアドレスの未登録やソフトバウンスなどの問題に対処するには、高い配信率を維持するための綿密なモニタリングと定期的なリストクリーニングが必要です。
 

色とりどりのメールが送られてくる

 
信頼できるEメールプロバイダと効果的なEメールプラットフォームを使用することで、詳細な分析を通じてこれらのバリエーションを追跡することができます。開封率やクリック率などの重要な指標は、異なるメールクライアント間でモニタリングし、それぞれの影響を把握する必要があります。メールキャンペーンからの収益を計算する際には、異なるメールクライアントが全体的なパフォーマンスにどのように貢献しているかを考慮することが重要です。

結論

メールキャンペーンを成功させるには、適切なメールマーケティング指標を追跡することが重要です。コンバージョン率、クリック率、メール1通あたりの収益などの指標に注目することで、戦略を最適化し、より良い結果を導くことができます。健全な送信者評価を維持するために、件名のパフォーマンス監視、スパム苦情の処理、配信停止リンクの管理もお忘れなく。配信されたメールを分析し、新規購読者を獲得することで、アプローチを微調整し、キャンペーンの効果を最大化することができます。次は、あなたがこれらの洞察を実行し、優れた結果を達成する番です。頑張ってください!

よくあるご質問

Eメールの指標とは?

メールマーケティングの指標は、メールキャンペーンのパフォーマンスを測定します。クリック率、開封率、コンバージョン率などの指標があり、キャンペーンの成功を評価し、戦略を最適化するのに役立ちます。

メールにおけるKPIとは?

メールマーケティングにおけるKPI(Key Performance Indicator)は、メールキャンペーンの重要な側面を追跡します。重要なメールマーケティングのKPIには、開封率、クリック率、コンバージョン率、配信停止率などがあり、キャンペーン全体の効果を示します。

メールメトリクスの計算方法は?

メールメトリクスの計算は、目的のアクションを送信または配信されたメールの数で割ることで行います。例えば、クリックスルー率とは、配信したメールのうちクリックされた割合のことで、エンゲージメントや効果を測定します。

メール・コミュニケーションの測定方法

開封率、クリック率、コンバージョン率などの重要なメールマーケティング指標を使用して、メールコミュニケーションを測定します。これらの指標は、受信者のエンゲージメント、メールキャンペーンのパフォーマンス、視聴者に到達するための全体的な効果についての洞察を提供します。

 

ラインとドット