データ処理法改正 
(DPA)

最終更新 29.08.2019

個人データを安全、公正、透明性のある方法で処理することは、当社にとって非常に重要なことです。 バウンサー Sp. z.o.o (LTD) (以下「当社」、「当社」または「当社」といいます。この取り組みの一環として、当社は、さまざまな種類の個人データの取り扱いを規定するEUの一般データ保護規則(「GDPR」)および業界標準に従って個人データを処理しています。
個人の個人データをより良く保護するために、当社とお客様の個人データの取り扱いを管理するために、これらの条件を提供しています(以下、「データ処理の改正」または「DPA」といいます)。このDPAは、当社の利用規約を修正し、補足するものです。

定義

ウェブサイトhttps://ユースバウンサードットコム およびそのサブドメイン
サービスまたはサービス - 本ウェブサイト、アプリ、および本ウェブサイトを通じて利用できる、または本ウェブサイトを通じて利用できるすべてのサービス、製品、およびコンテンツ。 APIを含むが、これらに限定されない。 メールアドレスの確認 バウンサー、アプリ、API、ウェブサイトを使用して
アプリ - バウンサーのサービスの利用及び設定を目的として、お客様が利用できるバウンサーのWebアプリケーション(以下「バウンサーWebアプリケーション」といいます)の確認を含みますが、これらに限定されません。 電子メール のアドレスを入力してください。
API - バウンサーのサービスと他のサーバー、アプリケーション、ウェブサイトを接続する目的で公開されているアプリケーションプログラミングインターフェース。
GDPR - 一般データ保護規則(EU)2016/679.

の条件は 欧州委員会、コントローラ、データ対象者、加盟国、個人データ、個人データ違反、処理、処理者および監督官庁 は、一般データ保護規則で与えられているのと同じ意味を持ち、それに応じて理解されるものとします。

一般的な

バウンサーは、お客様にサービスを提供するにあたり、お客様に代わってデータ対象者に関する個人データを処理することがあります。お客様は、お客様が個人データの唯一の管理者であることを認識し、確認しています。 用心棒は 個人データの処理者、つまりバウンサーが管理者に代わって個人データを処理することを意味します。両当事者は、バウンサーを通じて保存された個人データおよび/またはその他の方法で処理された個人データに関して、以下の規定を遵守することに同意するものとします。
疑いを避けるために、用心棒とお客様は以下のことに同意するものとします。
バウンサーは、両者がGDPRの義務を満たすために必要な情報をお客様に提供します。

  • お客様は、データ対象者の権利を維持する責任を負います。
  • バウンサーがコントローラーをアシスト データ対象者が権利を行使するために
  • バウンサーは、個人データにアクセスする人(バウンサーのスタッフまたは請負業者)が秘密保持義務の対象となることを保証します。
  • バウンサーは、お客様の許可を得ている場合や法律で義務付けられている場合を除き、すべての個人データを機密に保管し、第三者に開示することはありません。

合法的根拠

お客様は、以下のことを認識し、確認しています。 適法な処理根拠 データ対象者に関する個人データ
バウンサーは、お客様にサービスを提供する目的のために必要な範囲内で、またそのような方法でのみ、お客様に代わって個人データを処理します。お客様の指示は、該当する注文書、サポートチケット、またはその他の書面によるコミュニケーションに記載されているものとします。バウンサーは、お客様の指示が適用法令に違反していると合理的な理由がある場合には、その旨をお客様に通知するものとします。

データ処理の性質、目的、対象

処理の目的は、電子メールアドレスが存在するかどうか、このアドレスに電子メールを配信できるかどうか、電子メールアドレスの追加的な特性を収集するために識別することです。この検証は、オンラインの完全自動化されたシステムで行われます。契約の対象となるのは 電子メール確認.

個人情報の種類

メールアドレスを確認する目的で、バウンサーが必要とするのはメールアドレスのみですが、お客様は追加の個人情報を送信することもできます。

データ対象のカテゴリー

データ対象者は、顧客、潜在的な顧客、加入者、従業員、サプライヤー、代理店、連絡先、またはその他のカテゴリのいずれかに該当する可能性があります。

処理時間

アプリやAPIを通じたデータ処理にかかる時間は、1回のリクエストで検証されるメールの量に応じて異なり、あっという間の時間から、大量のメールの場合は24時間までとなります。処理は、お客様が検証を開始した後、できるだけ早く開始されます。本契約に基づき、お客様はバウンサーがサービスを提供している限り、データ処理を開始することができます。

処理の安全性

バウンサーは、データ処理の安全性を確保するために適切な措置を講じます。
データは人の手を介さずに自動的に処理されます。お客様が要求した場合、または特定のメンテナンスの場合、バウンサーはデータと検証結果を確認する権利を有しています。場合には 用心棒座 バウンサーが苦情を調査する必要がある場合、バウンサーはそのシステムを通じてデータを処理したり、再処理したりすることがあります。バウンサーは、スタッフや請負業者がレビューを完了させる前に、審査と訓練を受けていることを確認しています。このレビューは安全な環境で行われ、レビュー後はすべてのデータが削除されます。
個人データにアクセスするバウンサーの従業員および契約者は、守秘義務契約書に署名する必要があります。

指示とログ

お客様はバウンサーに個人情報の処理を指示しなければなりません。バウンサーは、お客様の指示に応じて処理を行います。バウンサーは、お客様がアプリやAPIを介してデータ処理を開始することができる完全自動化されたシステムを提供しています(いずれかのAPIメソッドの実行は、そのような開始とみなされます)。
バウンサーはすべてのアクティビティのログを保持します。例えば、処理のためのリクエスト、AppとAPIの両方を介した結果の受信、成功したAPIコールの数などですが、これらに限定されるものではありません。

個人データの国境を越えた転送

バウンサーは、個人データを以下の場所で保管し、処理します。 クラウド型 インフラストラクチャースタック - AWSクラウドとOVHクラウドソリューションのハイブリッドで、どちらも欧州連合をベースにしている(AWSはフランクフルト地域、OVHはフランスと英国)ため、データは欧州連合外に転送されない。.

個人情報の削除について

バウンサーは、個人情報を60日以内にのみ(お客様に検証結果を提供する目的で)保存し、この期間を過ぎると、個人情報は匿名化された後、自動的に永久に削除されます。
また、お客様は公開API機能を利用して、いつでも特定の要求に関連する全てのデータを削除することができます。

個人情報漏洩

バウンサーは、個人情報の漏洩(偶発的、違法なアクセスや開示を含むがこれらに限定されない)について、漏洩に気付いてから72時間以内にお客様に通知します。

監督官庁

用心棒は監督官庁との調整に同意する。

データ保護担当者

ラドスラフ・カジンスキはバウンサーのデータ保護責任者であり、お客様のお問い合わせ先は以下の通りです。 [email protected].

準拠法

本契約および本契約に関連して発生する紛争やクレームは、ポーランドの法律に準拠するものとします。

お問い合わせ

当社または当社のポリシーに関するご質問やご意見がございましたら、下記までご連絡ください。 [email protected] または郵送でお問い合わせください。

バウンサー Sp.
ul.Krakowska 29D
50-424 ヴロツワフ
ポーランド