マーケティングビデオのメール送信ガイド

5月 2, 2022
6

動画は非常に強力なメールマーケティングツールになり得ます。統計によると、人々は動画があるウェブページでは、ないページに比べて約3倍の時間を費やし、60%強のユーザーが動画を見た後にオンラインで商品を購入する可能性が高いことが分かっています。 

Eメールによるマーケティングビデオの送信ガイド

メールマーケティングでは、件名に動画という言葉を使うだけで、開封率を20%近く、クリック率を60%以上高めることができます。50%以上の消費者が、自分が支持する企業やブランドからもっとビデオコンテンツを見たいと回答しています。

メールで動画を送信する方法

電子メールで動画を送るには、主に2つの方法があります。メールにビデオファイルを埋め込む方法と、スクリーンショットを使用する方法です。

メールマーケティングに動画を取り入れたい場合、動画ファイルを添付して送信すると、受信者のメールプロバイダーから迷惑メールと判定されるリスクが高まるため、避けることが重要です。また、添付ファイルがあるメールを信用しない人が多いため、受信者が予想外にそのメールをスパムとしてマークしてしまう可能性もあります。

また、大きな動画ファイルは添付ファイルとして送るには大きすぎる場合が多く、送信前に動画を.zipファイルに圧縮する必要があり、あなたと受信者の両方にとって負担が大きく、あなたの動画が全く視聴されないという事態を招く可能性があります。

埋め込み方式で動画をメールで送る方法

メールに動画を埋め込むのは最も簡単な方法で、受信者はクリックして別のページに移動することなく、メールアプリケーションや受信トレイで動画を視聴することができます。

HTML5を使用したマーケティングメールに動画を埋め込むことは可能ですし、多くのマーケティングメール作成ツールでは、テンプレートに動画を追加するオプションが用意されています。しかし、ユーザーエクスペリエンスを重視する場合、動画を埋め込むことが必ずしもベストな選択とは限りません。

これは、iOSやAndroid向けの電子メールモバイルアプリでは、埋め込みビデオが動作しない、または正しく表示されない可能性があり、GmailやOutlookなどの一般的なメールクライアントでは、埋め込みビデオをサポートしていないためです。

また、HTMLコードが複雑なため、迷惑メールフォルダに入るリスクが高く、受信者が他のページをクリックする必要がないため、メールの閲覧状況を把握するのが難しくなります。

スクリーンショットで動画を送信する方法

スクリーンショット方式は、ほとんどのメールクライアントで受け入れられ、送信者としても追跡可能なため、理想的な選択と言えます。

マーケティングメールでスクリーンショット法を使用して動画を送信するには、まず動画のサムネイルまたはスクリーンショットを作成し、そこに再生ボタンのアイコンを追加して、これをクリックすれば動画が見られることが受信者に分かるようにします。メール本文にスクリーンショットを追加し、YouTubeなどの動画ホスティングサイトに動画をアップロードするか、動画用のランディングページを作成します。

そして、スクリーンショットをビデオにリンクさせ、残りのメールと件名を記入すれば、送信完了です。受信者がメール内のサムネイルをクリックすると、新しいページに移動し、ビデオを見ることができます。

GIFで動画を送信する方法

メールに静止画像ではなくGIFを使用することで、このサムネイルやスクリーンショットが受信者がビデオを見つけることができる場所であることをより明確にすることができるのです。

アニメーションGIFは、動画の数フレームを含めることができるので、メールのこの部分を目立たせ、視聴者の注意を引くのに役立ちます。

ただし、GIFを作成する前にいくつか注意すべき点があります。大きな画像ファイルは、クライアントによってはメール全体の読み込み時間を遅くする可能性があるので、アップロードして送信を押す前にGIFのサイズが大きすぎないことを確認してください。理想的には、使用するGIFを1MB未満に抑えるようにします。

大きな動画をメールで送信する方法

動画ファイルはかなり大きなサイズになることがあります。そのため、マーケティングメールに動画を含めることは、エンゲージメントを高め、受信者の注意を引くための理想的な方法ですが、動画ファイルをメールに追加することが逆効果になる場合もあることを認識しておくことが重要です。

メールの読み込みに時間がかかるようでは、送った動画を実際に見てもらえる可能性はかなり低くなります。

このため、大きな動画ファイルをメールで送信する場合は、スクリーンショットやサムネイル方式が常に最適な選択肢となります。メールには実際には動画ファイルは含まれておらず、メール内にリンクされた別のページにアップロードされているため、メールの読み込み速度には全く影響しません。

動画をメールで送信する方法 - ベストプラクティス

動画は、マーケティングメールに興味を持たせ、視聴者の注意を引くことで、エンゲージメントと収益の向上に貢献します。

マーケティングメールに動画を追加することを検討している場合、動画を埋め込むか、埋め込み動画の問題を回避するために推奨されるスクリーンショットを使用するかを問わず、受信者に最高のユーザー体験を提供し、最高の結果を得るために、メールによる動画送信に関するベストプラクティスを理解しておくことが重要です。

優れた件名に注目する

メールに動画を追加することで、開封率やクリック率が向上することが分かっていますが、実は件名で動画に触れていなければ、誰も動画があることに気づかないのです。

でも、どんなに時間と労力をかけて動画を送っても、件名がつまらなかったら意味がありません。

件名の主な目的は、メールを開くように説得することですが、悪いことに、70%近くのメール受信者が、この1つの要素だけを見て、そのメールがスパムであると判断してしまうのです。

人がメールを開いてさらに調べようと思う最大の理由のひとつは、件名がクリックしたくなるような好奇心を起こさせるからです。好奇心を刺激するような質問、未完成のストーリー、まだ知らない情報があることを暗示するような件名、忘れてしまったことがあることを暗示するような件名を意識して作成してください。

正しい動画を共有する

メールマーケティングキャンペーンに適した動画を選ぶのは、必ずしも簡単ではありません。

選択するビデオは、マーケティング目標の達成を支援することを主目的とするのが理想的です。キャンペーンを成功させるためには、動画のメッセージが他のメールコンテンツと一致し、同じ目標の達成に向けて動いていることを確認する必要があります。

動画を見終わった後、ユーザーが何をすればいいのかがわかるように、明確なコールトゥアクションを入れるようにしましょう。

メールで動画を送る際にスクリーンショット方式を採用する大きな理由は、動画付きのメールから来た訪問者のクリック率や購入を完了した人数を簡単に追跡できるため、動画メールマーケティングがROIに与えている影響を測定することが可能になることです。

最良の結果を得るには、動画を短く、要点を押さえておくことです。調査によると、2分以内の動画は、長い動画に比べてエンゲージメント率が高い傾向にあります。

魅力的なコピーを書く

ただ動画を入れておくだけでは、思うような成果は得られないでしょう。素晴らしい動画を選んだら、それに付随する素晴らしいメールテキストが必要です。

メールのコピーも動画と同じように簡潔かつシンプルにし、読者に分かりやすさを提供することを優先させましょう。ビデオの中から、視聴者の共感を得られそうなポイントを選び、ビデオを見ることで得られる価値を示すのも良い方法のひとつです。

まずは市場調査を行い、読者に最もインパクトを与えるコピーの種類を把握することが大切です。

動画はメールマーケティングキャンペーンに大きなプラスの影響を与えることができ、マーケティングや顧客エンゲージメントの向上における動画の有効性を裏付ける多くの統計があります。動画配信を始めるには、まず最適な方法を見つけ、ベストプラクティスを知ることから始めましょう。

ラインとドット