動画によるマーケティングメール送信の手引き

6月 23, 2022
6

動画は今話題になっており、多くのマーケターがメールマーケティングキャンペーンでの最適な活用方法について関心を寄せています。なぜなら、動画はプレーンテキストに比べてエンターテイメント性が高く、魅力的であり、メールに動画を含めることで実際に6%の開封率アップを実現できるからです。

メールマーケティング担当者にとって、メールキャンペーンにもっと動画を活用するための最適な方法を検討することは、非常に重要なことです。より良い結果を得るための動画活用のヒントやコツ、戦略について、引き続きご覧ください。

なぜメールに動画を追加するのか?

メールマーケティングに動画を活用することで、購読者とより密接な関係を築くことができます。オンラインでは、一般的に動画に対する多くの統計的なサポートがあり、60%以上のユーザーが動画を見た後にオンラインで商品を購入する可能性が高いという報告もあります。メールにビデオを追加する場合、購読者が使用しているメールクライアントによっては、いくつかの制限を回避する必要があります。しかし、マーケティング用メールにビデオを追加する方法はいくつかあります。

メールでの動画活用法

以前と比べ、メール内の動画への対応が進んでいます。しかし、まだ普遍的なサポートはありません。マーケティングメールにビデオを含めると、常に即座に再生されるわけではありません。これは、可能な限り組み込むことができる機能ですが、まず購読者リストを確認し、実際にメール内の動画を見ることができる視聴者が十分にいるかどうかを検討することが常に最善の方法です。OutlookやGmailなどの一般的なメールソフトは、メール内で動画を再生するために必要な技術的要件をサポートしていないことが多いのです。それでも、70%以上のマーケッターは、YouTubeを使ったマーケティングで動画の利用を増やす予定です。動画がメールマーケティングのKPIに大きな影響を与えることは否定できないからです。

メールでの効果的な動画活用法

動画は開封率を19%、クリックスルー率を65%向上させ、配信停止率を26%減少させることができるため、メールリストに追加することを検討するのは当然のことです。

マーケティングメールに動画を追加するには、以下の手順で行います。

メール用動画から始める

まず、メールで共有できる動画があることです。Webサイトの場合とは異なり、YouTubeやVimeoを使ってストリーミングできるビデオをメール内に埋め込むことはできません。GIFや静止画を送るのと同じように、ビデオファイルをメールに添付して送る必要があります。そのためには、まずビデオをコンテンツ配信ネットワークや会社のサーバーでホストしてから、メール購読者に送信する必要があります。

メール動画の目的を決める

メール内の動画の目的は、イベントの開催、製品の販売、ニュースやストーリーの共有など、購読者と何かをより密接に結びつけることです。もし、動画を掲載する主な目的が、メール購読者にショップへのリンクを貼ってもらうことであるならば、短いGIFの方が、ショップページで動画コンテンツをライブ配信するのに適しているかもしれませんね。また、ストーリーページやYouTubeチャンネルに誘導したい場合は、動画全体をメールに掲載することで、クリックする必要をなくし、逆効果になる可能性があります。

動画のメール送信方法

電子メールに動画を埋め込むには、いくつかの方法があります。これらは以下の通りです。

静止画と再生ボタンの併用 - 最も簡単な動画メール送信の方法

メール内でビデオコンテンツにリンクする最も簡単な方法は、静止画像の上に再生ボタンを設置することです。これは、すべてのメールクライアントでサポートされており、画像がブロックされていない限り、すべての購読者が同じ体験をすることができます。この場合、画像を動画のホストバージョンにリンクさせるだけで、動画を視聴することができます。

GIFを使ったメールでの動画共有の最適な方法

アニメーションGIFを使用するのも、メールに動画が埋め込まれているかのように見せる簡単な方法です。GIFファイルは、さまざまなメールクライアントで非常によくサポートされていますが、Windows 10とOutlook 2007、2010、2013では、GIFの最初のフレームしか表示されないことに注意する必要があります。このため、最初のフレームに重要な情報を表示するようにGIFを作成する価値があります。また、GIFをサポートしていないOutlookのバージョンでは、コードを使用して代替画像を作成することができます。

GIFを作成するために使用できるツールはいくつかあり、アップロードしたビデオファイルを無料で素早くGIFに変換してくれる使いやすいツールもあります。GIFに再生ボタンを追加すれば、購読者がクリックしてフルビデオを見るように促すことができます。

アニメーションの再生ボタンでメールに動画を追加する方法

また、静止画像とアニメーションGIFをリンクさせることで、アニメーション再生ボタンを使用する方法もあります。これは、ビデオにリンクしている画像に注目させ、購読者がクリックしてビデオコンテンツを視聴するよう促す、シンプルで効果的な方法です。この画像は、静止画像しかサポートしていないメールクライアントでもきれいに表示されます。

CSSアニメーションを利用してメールに動画を入れる

フェイクビデオでは、CSSアニメーションを用いて、ビデオやGIFのような効果を演出します。これは、いくつかの静的な画像フレームを次々に表示することで、あたかも動いているかのように見せかけるものです。これを実現するために、画像スプライト、つまりbackground-imageとCSSキーフレームを使って画像を動かす静止画のマンガを使うことになります。実現にはCSSやHTMLの上級レベルの知識が必要ですが、メールでの動画利用を充実させるためには最適な方法です。

メールに動画を埋め込む

HTMLの扱いに慣れているのであれば、メールに動画を埋め込むという方法もあります。ただし、その前に、すべてのメールクライアントが受信ボックス内でのメール再生に対応しているわけではないことを念頭に置いておく必要があります。動画をメールに埋め込む場合、HTML5はより多くの動画オプションを提供する強固な選択肢となります。HTML5の動画はまだサポートがかなり限定されていますが、Apple MailやOutlookを含む多くのメールアプリケーションでは、受信者がメールクライアント内で動画を再生することが可能です。もし、HTML5ビデオをサポートするメールクライアントを使用している購読者が多い場合は、埋め込みを検討するとよいでしょう。また、何人が動画をクリックし、最終的に視聴したかを確認するために、カスタムクリックトラッキングの実装を検討する必要があります。

メールの署名に動画を追加する

お使いのメールプロバイダーによっては、メールの署名に動画を追加できる場合があります。まず、動画のサムネイルを作成します。動画のスクリーンショットを撮影し、1280×720に縮小することで作成できます。静止画像に再生ボタンのオーバーレイを追加し、購読者がクリックしたときにそれがビデオであることを確認できるようにします。これが完了したら、メールアカウントの設定またはオプションセクションに移動し、「署名」セクションを探します。サムネイルを挿入し、ビデオへのリンクを追加してください。

YouTubeの動画をメールに埋め込むことはできますか?

ウェブサイトとは異なり、YouTube、Vimeo、Wistiaなどのサイトにアップロードされたビデオをメールに埋め込むことはまだできません。メールプロバイダーの技術的な制限に対応するためには、まず、メールメッセージに挿入できる動画へのリンクが付いたサムネイルを作成する必要があります。動画をメールで送信する方法としては完璧ではないかもしれませんが、Wistia、YouTube、Vimeoの動画をメールキャンペーンで使用するには、現在利用可能な最善のソリューションです。Vimeoの再生可能なビデオをメールに含めることを真剣にお考えなら、メール読者がビデオを直接クリックしてメール内で見ることができる特別なアプリケーションにアクセスできる有料サービスを見つけることができます。

マーケティングメールに動画を追加することは、ウェブサイトに追加するほどまだ簡単ではありませんが、メールマーケティング活動からより良い結果を得るためには、利用可能なオプションを活用する価値があります。

ラインとドット
ラインとドット